一度の服用でバッチリ|クラミジア治療薬はジスロマックとクラビットどっちがいいの?

一度の服用でバッチリ

many pack

ジスロマックとクラビットはそもそも有効成分が異なりますので、全く違う薬といっても過言ではありません。ジスロマックはマクロライド系抗菌薬呼ばれ、クラビットはニューキノロン系抗菌薬と呼ばれます。
どちらがどちらかをしっかり把握しておきましょう。

結論から言ってしまうと、クラミジアの治療に適しているのはジスロマックの方です。マクロライド系の薬の方がクラミジアウイルスには効果を発揮しますので、クラミジアの治療を行う際はジスロマックの方が適しているといえます。
ジスロマックの最大の特徴は服用の回数が非常に少ないという点です。一度服用すれば一週間ほど効果が持続しますので、薬を頻繁に飲む必要がありません。クラビットはノミ早生れてしまう可能性があるので、ジスロマックの方が治療がしやすいといえます。
さらに、薬の金額の金額で見てもジスロマックがオススメです。ジスロマックは一錠あたりの金額がクラビットの三倍ほどしますので、一錠の値段で見た場合は高く感じるのですが、実際はジスロマックが一週間に一錠、クラビットが一日一錠を1~2週間なので、結局はクラビットの方が高くなるといえます。

気を付けていただきたいのは、ジスロマックの副作用についてです。副作用が生じることは少ないといわれている薬ですが、稀に胃痛や下痢が生じる場合があります。
また、マクロライド系の薬品にアレルギーを持っている方は発熱や発疹などのアレルギー反応が出る場合があります。副作用やアレルギー作用が強く表れる場合は、クラビットの方が良いといえるかもしれません。