いろんな病気を治す|クラミジア治療薬はジスロマックとクラビットどっちがいいの?

いろんな病気を治す

the man is thinking

ジスロマックがクラミジア治療に最適ならば、なぜいまだにクラビットが販売されているのでしょうか?答えはクラビットの効果にあります。
実はクラビットは、クラミジア専用の治療薬ではなく、さまざまな症状に対して効果を発揮する薬です。クラビットは細菌性の病気に対して効果を発揮するので、細菌が原因のクラビットはもちろん、グラム陽性菌・陰性菌、レジオネラなど様々な病気に対応することができます。
これはジスロマックよりも広範囲になりますので、様々な病気に対する薬として利用されています。クラミジア以外にも細菌性の病気が気になる方じゃ、ジスロマックよりもクラビットの方が向いているといえるでしょう。

クラビットはジスロマックとほとんど同じような副作用が生じる可能性があります。人によって副作用の出やすさは異なりますので、自分の体に合うのがどちらかを知っておくと便利ですね。
用途に合わせて購入してみて、自分の体質に合わないと感じた場合はもう片方の薬に乗り換えると良いでしょう。ちなみに、クラビットもアレルギー反応が出ることがありますので、アレルギーが出た場合はジスロマックがオススメです。

クラビットを利用する際に覚えておいていただきたいのは、妊娠時には利用できないということです。
クラミジアは母子感染の危険性がありますので、妊娠中にクラミジアを患っている方は、必ず出産までに治療を行わなければなりません。
ただ、クラビットはおなかの子供に悪影響を与える危険性があるので、治療の際はジスロマックを使用しましょう。
妊娠中という条件下ではジスロマックの方が圧倒的にオススメなので、どうしてもクラビットを利用したい場合は注意してください。